AGAクリニック Persona 違い メーカーの定義

AGAクリニックとPersonaの違いをメーカーが定義!

AGA(男性ホルモン型脱毛症)クリニックについて(Personaとの違い)
ペルソナの販売店であるダブルヘリックスが定義しています。

 

 

AGAクリニックは、AGA治療を専門とした医療機関です。

 

 

AGAクリニックの一般的な治療方法

 

遺伝子検査を行い、
男性ホルモン型脱毛抑制治療薬であるフィナステリドの投与、
ミノキシジルや独自治療薬による発毛を促す、と言ったものです。
男性ホルモン型脱毛症のみに特化されておりますので、
そもそもAGAでなければ意味がありません。

 

 

上記がペルソナの販売店から見た見解です。
医療機関でも行われる”遺伝子検査”によって、
投与されるのはフィナステリドやミノキシジルになりますね。

 

 

ここで注目したのはAGAクリニックもペルソナも、
同じ遺伝子検査を実施してからの薬や育毛剤の使用開始・・・?
いいえ!違います。

 

 

AGAクリニック遺伝子検査とPersona(ペルソナ)の遺伝子検査は別物!
遺伝子検査の内容が違うということです。

 

 

AGAクリニックで行われる遺伝子検査は、アンドロゲンレセプター遺伝子配列の中で、
特定の(CAGとGGC)塩基配列が何回繰り返されているか(リピート数)を調べる検査です。

 

 

男性ホルモン型脱毛症リスクの高さと、フィナステリドの有効性の高さを確認する、
男性ホルモン型脱毛症に特化した検査になります。

 

Persona(ペルソナ)遺伝子検査では、アンドロゲン受容体リスクに加え、
毛髪、頭皮に纏わる遺伝的特徴を調べるものになりますので、
AGAクリニックの遺伝子検査とは異なります。

 

 

このようにAGAクリニックとペルソナの遺伝子検査は調べる内容が異なります。
ペルソナはAGAクリニック以上にAGA項目だけじゃなく、
毛髪や頭皮にまつわる遺伝的特徴までを検査項目にして取り組んでいます。

 

 

さらに!
医薬部外品なので薬の副作用を恐れなくて済む育毛剤

 

 

フィナステリド(製品名:プロペシア)は万人に有効ではなく(一説では5割近く)、
男性機能不全等の副作用を引き起こす可能性があります。

 

 

その副作用の性質や割合から、薬での治療を避けたい方は一定数おられる様です。
ペルソナは薬じゃないから安心して使い続けることができます。

 

 

 

医薬部外品だから面倒な医師の処方もいらないのです。
医師の処方がいらなくて検査を受けられるメリットは大きいですね。
病院に足を運ばなくていいわけですから。

 

 

AGAクリニックの費用と比べたら断然コストが安いペルソナ

 

AGAクリニックの費用は、あくまで保険適用外です。
保険適用外だからこそ初診で2万円〜3万円、通院で薬の処方など1か月で2万円〜3万円、
会社員のお小遣いからの捻出では敷居が高いですよね。

 

 

だからといって・・・
ネットで内緒で購入できる「医薬品の海外個人輸入」などは、
「本物?」なのかも心配になってきます。

 

 

医療機関の10分の1の料金で月々試せますがホンモノなのかは不明です。
さらに医師は専門家として診断をしますので、

 

 

最初のフィナステリド、ミノキシジル単一処方で改善しないことも、
十分に視野に入れて高額な治療法を勧めてきます。

 

 

毛髪再生メソセラピー(薄毛部位にレーザーと超音波、又は注射)、
HARG療法(成長因子の直接注入)、
自毛植毛・移植施術と進み、
挙句の果てには300万~400万円という高額な費用が必要になっていきます。

 

 

ハゲを改善、薄毛の改善に300万〜400万円は高額ですよね。
そこでPersona(ペルソナ)では、定期購入で6か月間使うことにより、
遺伝子検査費用の24,800円が無料となり、
月額9,800円のみで遺伝子検査に基づいた育毛活動が可能になります。

 

 

6か月間=9800円×6=58,800円です。
58,800円で検査を実施して検査結果から選ばれた育毛剤で、
半年間じっくりと育毛実践ができるという流れになっています。

 

自分に合った育毛剤で半年間育毛を実践することができるのです。
遺伝子検査結果で個人的な頭皮環境にどこまで個別対応可能か?

 

 


関連ページ

遺伝子検査結果で個人的な頭皮環境にどこまで個別対応可能か?
遺伝子検査結果で個人的な頭皮環境にどこまで個別対応可能か?セミオーダー育毛剤のペルソナに迫る!
育毛剤ペルソナを選んだ理由は試して探す必要がないから
育毛剤ペルソナを選んだ理由は検査結果からセミオーダーされること!イチイチ育毛剤を試して探す必要がないからです。
育毛剤ペルソナを注文して遺伝子検査キットが届きました!
育毛剤ペルソナをネット注文しました。まず最初に中身がわからない梱包で遺伝子検査キットが届きました!
セミオーダー育毛剤のペルソナが定義する薄毛になる6つの髪質
セミオーダー育毛剤のペルソナが定義する薄毛になる6つの髪質を公開します。
育毛剤ペルソナが解析する7つの薄毛の根本原因から改善を
育毛剤ペルソナが解析する7つの薄毛の根本原因から改善を目指すというテーマですね。
皆違う薄毛パターンに適応させた万能育毛剤は存在しない!
頭皮環境は皆違う薄毛パターンに適応させた万能育毛剤は存在しない!という観点から開発されたセミオーダー育毛剤のPERSONAです。
育毛剤ペルソナの通常料金と定期購入料金の内容の違い
育毛剤ペルソナの通常料金と定期購入料金の内容の違いは”遺伝子検査”費用が無料になって1本の単価が安くなるメリットが目立ちます。
Persona(ペルソナ)は個別に対応できる万能育毛剤
ペルソナは個別に対応できるための万能育毛剤と言っています。 これは万人に皆、効果がある!という意味ではありません。多くのユーザーに個々に合った育毛剤を使ってもらう!という万能です。
ペルソナの販売店から見たらAGAやチャップアップについて
ペルソナの販売店から見たらAGAもチャップアップも完璧じゃない!全員に効果が出るわけじゃない! そこに注目。
育毛剤ペルソナのキットのSNP(スニップ)検査の内容
育毛剤ペルソナの遺伝子検査キットのSNP(スニップ)検査の内容を販売店からの説明です。
育毛剤ペルソナの安全性はGMP準拠の工場で製造の医薬部外品
GMPガイドラインを遵守した工場で製造されているペルソナです。 医薬部外品の育毛剤で安全性がある!という判断にもなります。
遺伝子検査結果に適した育毛剤ペルソナ全27パターンから厳選
遺伝子検査結果によって適した成分配合で自宅に届く育毛剤ペルソナは全27パターンから厳選されて個々の内容になっているってことです。
育毛剤ペルソナの遺伝子検査済みキットをポストに投函後2週間
育毛剤ペルソナの遺伝子検査済みキットをポストに投函後2週間経過です。セミオーダー育毛剤が待ち遠しい状態です。
育毛剤ペルソナの遺伝子検査終了報告メールから発送のお知らせ
セミオーダーの育毛剤ペルソナの遺伝子検査終了報告メールから発送のお知らせが来てようやく商品が届くのです。
待望の育毛剤ペルソナの到着に検査結果に愕然と衝撃が走った!
待望のセミオーダー育毛剤ペルソナの到着にワクワク開封したら・・・遺伝子検査結果に愕然と衝撃が走った!今までの認識が変わりましたよ。
育毛剤ペルソナの使い方の説明で形状タイプ別に3つ分かれている
セミオーダー育毛剤ペルソナの各ボトルタイプの使い方の説明で形状対応別に3つ分かれているのは、要確認ですね。なぜならば全部違うからです。
遺伝子検査で選ばれた育毛剤ペルソナを開封して使ってみた
遺伝子検査で選ばれたセミオーダー育毛剤ペルソナを開封して使ってみました!
ペルソナの唯一のデメリットは検査結果待ちの時間がかかること
育毛剤ペルソナの唯一のデメリットは遺伝子検査をして検体を送って検査結果とともに自分に合った育毛剤が届くという時間がかかることですね。
遺伝子検査育毛剤のペルソナのキットを容器に入れ2度目の投函
遺伝子検査育毛剤のペルソナの検査済みキットを容器に入れ2度目の投函をしました。
遺伝子検査2度目のペルソナが自宅到着し開封!育毛剤の正体?
遺伝子検査実施2度目の選定でペルソナが自宅到着しました。さらに開封!選ばれた育毛剤の正体は?
遺伝子育毛剤ペルソナはメール連絡後ほぼ翌日に自宅に届く対応
遺伝子育毛剤ペルソナは「遺伝子検査結果により選ばれた育毛剤を発送しました。」という内容のメール連絡の後ほぼ翌日に自宅に届く対応ですね。